部署紹介

部署紹介

事務課

事務科 私たち事務課は、患者様の受付・会計・入退院の手続き等の窓口対応や、患者様へ提供する医療サーピス、診療報酬請求、医療相談などの専門的業務から、施設管理、物品購入などの庶務業務を担当しております。

痛みを抱えて来院される患者様に安心して診療を受けていただけるように笑顔を忘れず、親切、丁寧な対応を心がけ、患者様の不安を少しでも取り除けるよう努力しております。

また、病院の理念である、「忠恕」(ちゅうじょ)のもと日々の業務に取り組んでいます。 事務課では今後とも患者さまからの意見を大切に、日々の業務を行なっていきたいと思います。何かありましたらお気軽にご相談ください。


リハビリテーション科

リハビリテーション科 当院では、理学療法士7名、アシスタント1名のスタッフが、患者様の疼痛軽減や日常生活動作の改善、早期社会復帰のために日々取り組んでおります。
外来で来院される患者様には、変形性関節症、肩関節疾患、脊椎疾患、スポーツ障害・外傷が多く、運動療法や物理療法、日常生活動作練習などを中心にリハビリテーションを行っています。
また、人工膝関節置換術、高位脛骨骨切り術、関節鏡視下手術、腰椎除圧術などの手術を受けた患者様に対しては、手術当日より早期運動療法を実施し早期退院・社会復帰を目標に関わっております。


看護部

看護部 私たち看護部は当院の理念に基づき、まごころのある思いやりを持った「心に届く看護」を目指し、日々努力しております。
外来では患者さまの日々の健康状態を観察し、より満足のいく治療の手助けが出来るよう配慮しております。
また当院では入院の9割が手術を受けられる患者さまです。一人ひとりの患者さまと向き合い、入院生活をスムースに送ることができるような関わりを心がけております。
手術後は退院に向けたリハビリが中心となるため、看護師も医師やリハビリスタッフと連携し、患者さまが積極的にリハビリに取り組め、安心して退院を迎えることができるようお手伝いさせていただきます。退院後も自宅でのリハビリや日常生活に不安がありましたら是非ご相談ください。


手術室・中央材料室

手術室・中央材料室 手術室は佐々木院長、麻酔科柴野医師をはじめ、手術室看護師・中央材料室スタッフで協力して手術をおこなっております。術前には手術内容や麻酔方法を理解していただけるよう充分に説明をし、患者さまが安心・安全に手術を受けることができるようスタッフ一同心がけております。
中央材料室では院内で使用する医療器材の消毒・滅菌をおこなっており、安全で信頼できる医療材料を提供しております。


放射線科

看護部 当院では診療放射線技師2名にて画像診断業務を行っております。
主な、検査業務は、一般撮影(レントゲン撮影)、MRI、骨密度測定、透視検査(撮影)です。
“迅速”、“丁寧”を目標に日々取り組んでおります。